《大学入学共通テスト》試行試験結果速報|数IAで正答率0.9%の難問

《大学入学共通テスト》試行試験結果速報|数IAで正答率0.9%の難問

大学入試センターは平成29年11月、導入に向けた試行試験(プレテスト)を実施しました。

 試行調査への参加率は、全高等学校・中等教育学校の38%にあたる1,889校。11月13日から24日の期間にかけて、任意の日時で調査したということです。

国語と数学1(数学I・A)は高校2年生以上、数学2(数学II・B)、地理歴史、公民、理科は原則高校3年生以上が受検。

受験者合計17万8,129人のうち、11月27日時点でのマーク式問題答案の読取率は69.4%。大学入学共通テストの国語と数学に導入される予定の記述式問題も試行されましたが、答案の読取と速報は、まだ公開されていません。

11月29日時点の読取状況によると、なかには正答率0.9%と、1.0%を切る「難問」も。

例えば、2次関数の性質を活用して文化祭で販売するTシャツの価格を求め、利益が最大になるよう回答する「数学I・A」第2問(3)の正答率は3.0%でした。

同じく「数学I・A」では正四面体における辺と線分の垂直条件について、それを証明するために用いる空間図形の性質を考察して回答する第4問(3)の正答率は3.1%。

同問題は、該当する選択肢をすべて選択し回答する形式でした。該当する選択肢をすべて選択する問題は第5問(5)でも見られ、正答率は0.9%という結果に。

 このほか、「物理」では第3問AB・問5で2.5%、「化学」では第1問・問4で4.6%、「生物」では第5問B・問5で4.6%と、受検者の多くが回答できなかった問題があることがわかりました。

 大学入試センターは、実際の問題構成や内容は今後、今回の試行調査の解答状況を分析しながら検討しているとしています。

なお、今回の試行調査で出題された問題の構成や内容は、必ずしもそのまま平成32年度からの大学入学共通テストに受け継がれるものではありません。

平成30 年度は大学入学共通テストの試験会場となる大学を実施会場として、問題作成や採点方法、試験の実施運営などを含めた総合的な検証を行う予定です。

問題・正解については、大学入試センターのホームページをご参照ください。

 

エール学院では冬期講習 好評受付中です↓

「大学入学共通テスト」自己採点の参考動画

「大学入学共通テスト」自己採点の参考動画

現在行われている大学入試センター試験に代わって2021(平成33)年1月から導入される「大学入学共通テスト」では、国語と数学で、記述式問題を出題することになっています。

しかし、正解・不正解が明らかに判断できるマークシート式と違って、受験生にとっては、自己採点が難しいかもしれません。

11月中に行われた共通テストの試行調査(プレテスト)に合わせて、大学入試センターのホームページには自己採点の参考動画(youtube)とワークシート(PDF)が掲載されています。

大学入試センターのyoutubeから抜粋

動画では、共通テストとは何かを、「学校で学んだことを、学習や生活のさまざまな場面で幅広く使えるようになっているかどうかという評価を、今まで以上に重視していくことになります」などと、簡潔な要点で紹介しています。

記述式問題は、思考力・判断力・表現力を問うために出題されるものです。

採点に当たっては、各問題に示された正答の条件をもとに、解答類型(正誤)を判断します。

より正確に自己採点できれば、安心して志望校に出願することができますね。

現在の中学3年生以下が受験する本番では、必ずしも試行調査の通りの出題傾向になるとは限りません。そのことも、参考映像では強調しています。

記述式でどんな力が問われるのかという「メッセージ」をきちんと受け止め、そこで求められる力を付けるために努力することが大切です。

 

 

エール学院の冬期講習、受け付けてます↓

 

アルチンボルド展《寄せ絵のおもしろさ》

アルチンボルド展《寄せ絵のおもしろさ》

アルチンボルド展でおもしろいな~と思ったのが

職業や人間の内面まで表しているような寄せ絵。

「司書」宮廷に仕えた学者さん

きっと頭の固い人だったのかな?

司書は本で構成されています。

「法律家」はよく見るとグロテスク。

距離を置いて見ると驚くほど本人に似ていたという「法律家」。

歌川国芳「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」

に似てますね。

歌川国芳がこれを描いたのは1847年

「法律家」は1566年の制作なのですが、おもしろいですね。

 

 

「肉」という作品。これは顔ではない?

なんとおいしそうな。

ところがこれは上下絵で、ひっくりかえすと顔になるんです。

「コック」わ~こっち見てる~!

上下さかさまにすると、全く印象の違う絵になるなんて、すごい!

公式サイトには、くるっと回す機能も付いているので

遊んでみてね。

 

アルチンボルド展では、「アルチンボルドメーカー」という

自分の顔をアルチンボルドの絵みたいに表現してくれる

コーナーもあったのですが、混雑のため断念。

絵心は全くない私ですが、今度描いてみたくなりました。

 

こちらもよろしくお願いします。↓

 

 

顔が何からできてるの?アルチンボルド展《四季・四代元素》

顔が何からできてるの?アルチンボルド展

国立西洋美術館で開催中のアルチンボルド展に行ってきました♪

今回の展示では、有名な「四季」シリーズと

「四代元素」シリーズが一堂に揃うという見どころが。

画像はショップで購入したポストカードのものです

有名な「春」の向かい側には

四代元素の「大気」というように対になっています。

 

「春」には80種もの花々が描かれているそう。

ショップで購入した塗り絵で、自分だけの「春」を作る。

楽しみもあります。

 

こちらは「夏」

「春」と「夏」は女性で、「秋」「冬」は男性、という説も。

 

「秋」です。実りの秋を感じますね。
「冬」に彩りを添えているレモンは、イタリア産

ここに挙げた画像はポストカードを写したものなので

全く迫力がありませんが、

本物はやはり圧巻でした!

興味のある方は、ぜひ公式サイトをご覧になってくださいね。

 

こちらもよろしくお願いします↓

中学生の約51%が小4までにネット利用開始

 

東京都は、グラフで見る東京のすがた「くらしと統計2017」を発表しました。

 「くらしと統計」は、東京都の人口や社会、経済、家計、教育、文化、通信・情報などさまざまな分野について、統計グラフと統計数値を用いて、その移り変わりや現状をまとめたもの。

東京都総務局の「東京都の統計」Webサイトにて公開されています。

 

通信・情報について、公立小中学校と都立高校などの児童・生徒の92.0%がインターネットに接続できる機器を利用。

利用機器で多いのは、

「ゲーム機」69.0%、

「スマートフォン」68.4%、

「パソコン」56.2%、

「タブレット端末」43.1% などです。

 公立中学校の生徒のインターネット利用開始時期では、

「小学5年生ごろ」17.5%、

「小学4年生ごろ」17.3%、

「小学3年生ごろ」16.0%、

「小学6年生ごろ」15.2%  など。

「小学校入学前」「小学1年生ごろ」「小学2年生ごろ」は合計で18.3%となっていて、中学生の51.6%が小学生4年生の時点でインターネットを利用していたことがわかっています。

家計における支出金額は20年前より3万円以上減少した一方で、食料や交通・通信、教育にかける費用は増加したということです。