アルチンボルド展《寄せ絵のおもしろさ》

アルチンボルド展《寄せ絵のおもしろさ》

アルチンボルド展でおもしろいな~と思ったのが

職業や人間の内面まで表しているような寄せ絵。

「司書」宮廷に仕えた学者さん

きっと頭の固い人だったのかな?

司書は本で構成されています。

「法律家」はよく見るとグロテスク。

距離を置いて見ると驚くほど本人に似ていたという「法律家」。

歌川国芳「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」

に似てますね。

歌川国芳がこれを描いたのは1847年

「法律家」は1566年の制作なのですが、おもしろいですね。

 

 

「肉」という作品。これは顔ではない?

なんとおいしそうな。

ところがこれは上下絵で、ひっくりかえすと顔になるんです。

「コック」わ~こっち見てる~!

上下さかさまにすると、全く印象の違う絵になるなんて、すごい!

公式サイトには、くるっと回す機能も付いているので

遊んでみてね。

 

アルチンボルド展では、「アルチンボルドメーカー」という

自分の顔をアルチンボルドの絵みたいに表現してくれる

コーナーもあったのですが、混雑のため断念。

絵心は全くない私ですが、今度描いてみたくなりました。

 

こちらもよろしくお願いします。↓

 

 

顔が何からできてるの?アルチンボルド展《四季・四代元素》

顔が何からできてるの?アルチンボルド展

国立西洋美術館で開催中のアルチンボルド展に行ってきました♪

今回の展示では、有名な「四季」シリーズと

「四代元素」シリーズが一堂に揃うという見どころが。

画像はショップで購入したポストカードのものです

有名な「春」の向かい側には

四代元素の「大気」というように対になっています。

 

「春」には80種もの花々が描かれているそう。

ショップで購入した塗り絵で、自分だけの「春」を作る。

楽しみもあります。

 

こちらは「夏」

「春」と「夏」は女性で、「秋」「冬」は男性、という説も。

 

「秋」です。実りの秋を感じますね。
「冬」に彩りを添えているレモンは、イタリア産

ここに挙げた画像はポストカードを写したものなので

全く迫力がありませんが、

本物はやはり圧巻でした!

興味のある方は、ぜひ公式サイトをご覧になってくださいね。

 

こちらもよろしくお願いします↓

中学生の約51%が小4までにネット利用開始

 

東京都は、グラフで見る東京のすがた「くらしと統計2017」を発表しました。

 「くらしと統計」は、東京都の人口や社会、経済、家計、教育、文化、通信・情報などさまざまな分野について、統計グラフと統計数値を用いて、その移り変わりや現状をまとめたもの。

東京都総務局の「東京都の統計」Webサイトにて公開されています。

 

通信・情報について、公立小中学校と都立高校などの児童・生徒の92.0%がインターネットに接続できる機器を利用。

利用機器で多いのは、

「ゲーム機」69.0%、

「スマートフォン」68.4%、

「パソコン」56.2%、

「タブレット端末」43.1% などです。

 公立中学校の生徒のインターネット利用開始時期では、

「小学5年生ごろ」17.5%、

「小学4年生ごろ」17.3%、

「小学3年生ごろ」16.0%、

「小学6年生ごろ」15.2%  など。

「小学校入学前」「小学1年生ごろ」「小学2年生ごろ」は合計で18.3%となっていて、中学生の51.6%が小学生4年生の時点でインターネットを利用していたことがわかっています。

家計における支出金額は20年前より3万円以上減少した一方で、食料や交通・通信、教育にかける費用は増加したということです。