エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

完全1対1だからこそできる

マンツーマンのシステム

 

1.GOAL今日の目標をきめる

まずは、今日何を学びとるのかをハッキリさせ、

その目標を生徒自身が書き出してから授業スタート

6step_img01

勉強がただの作業になっていませんか?

目的地を決めないと行きたい所にたどり着けません。

勉強でも同じです。

この勉強で「何を学び取るのか」を意識していないと、「ただ作業をしているだけ」に。

マンツーマン指導の第一ステップは、

今日の授業の目標を担当講師とお子さまで確認し合うこと。

たったこれだけで、学習効果が変わります。

 

 



 

2.RELATION全体との関係をおさえる

全体の中のどの部分を勉強しているのか、他とどうつながっているのか。

全体像をおさえます

6step_img02

完成図を見ずにジグゾーパズルを作るのは大変ですよね。

勉強も同じです。

マンツーマン指導の第二ステップは

今日勉強することが、全体の勉強とどのようにつながっているのか

あとどのくらい勉強すると、この分野が終わるのか など

全体図を担当講師とお子さまで確認し合うこと。

こうしたことを意識して勉強すると、学習効果が断然高まります。

 

 

 



 

3.INTERACTIVE対話式1対1授業

「教えて」すぐに「確認する」のくり返し。

対話式授業でわかったつもりを見逃しません

6step_img03

料理を作るとき、途中で何度も味見(味を確認)しないとおいしい料理はできませんよね。

解説指導も同じです。

途中で何度も理解度を確認しながら進めないと、いい授業は成り立ちません。

マンツーマン指導の第三ステップは

対話式で解説を行うこと。

「今説明した●●はどうしてこうなるんだっけ」と対話で理解度を確認することで、「わかったつもり」が防げて、理解の度合いが高まります。 

 

 

 



 

4.EXERCISES問題演習

問題を解いている様子を先生が隣で見ています

「たまたま正解だった」はもう一度確認

6step_img04

今回はたくさん問題集を解いたのに、点数が上がらなかった、、、

という経験はありませんか

ただ問題をたくさん解いても、実力は上がりません。

一題一題、しっかり根拠を持って答えを出すことが大切です。

マンツーマン指導の第四ステップ

根拠を持って答えているかに着目すること。

「なんでこれを選んだのか説明してみて」と解答の根拠を尋ねることで、さらに理解度が高まります。 

 

 



 

5.BACKふりかえり

今日の目標、重要ポイント、間違えた問題など

「ふりかえり」で学んだことを定着させます。

6step_img05

スポーツ中継では、ゲームが終了した後に「ダイジェスト」を流しますよね。

勉強にこの「ダイジェスト」を取り入れると、学習効果が高まります。

今日、学んだことをダイジェストでふりかえるのです。

マンツーマン指導の第五ステップは

授業終了間際に「ふりかえり」を行うこと。

今日の授業の目標、重要ポイント、間違えた問題の確認 など

「ふりかえり」で学んだことがさらに定着します。 

 

 



 

6.HOMEWORKオリジナル宿題

自宅で少しでも多く勉強して欲しいから、

一人ひとりの実力に合わせたレベルの宿題を選んで出します。

6step_img06

授業で学んだことをさらに定着させるには、家庭での反復練習が不可欠。

とはいえ、一人で勉強を進めるのは、なかなか難しいケースもあります。

マンツーマンの第六ステップは

一人ひとりに合わせた宿題を出すこと。

自力で解ける難易度の問題を選んで宿題を出すので、お子さまの勉強がはかどります。


このページの先頭へ