エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

教科書ページ数増加、英語教育改革に対応

小学生のマンツーマン指導

PLAN①基本重視マンツーマン指導

ページ数が増えた教科書をマスターして基礎力をつける
教科書理解を重視した学習プラン

エール学院様デザイン_小学部_20160129_r4_c4

今の小学校教科書は10年前に比べて4割前後ページ数が増えています。
にもかかわらず、学校は週5日制のままなので、「授業進度が遅れる」可能性があり、また反対に遅れまいと「授業進度が早すぎる」などの問題を招きかねません。

エールでは小学校の教科書に完全準拠した指導を基本プランとしています。
充実した教科書だからこそ、マスターすることで中学校進学後も安定した成績を取るための基礎力を身につける事ができます。

 

 

PLAN②応用力養成マンツーマン指導

豊富な問題パターンに取り組み実力アップを目指す
県公立上位校合格のためのベースを作る学習プラン

エール学院様デザイン_小学部_20160129_r6_c2

埼玉県公立高校は3年間の内申書が合否に大きく影響します。
つまり、1年の成績が入試に直結するということです。

偏差値65以上の県公立上位校を目指すには最低でも学年順位で上位2割、通知表でオール4以上を取りたいところです。このためには小学生の段階でのベース作りが大切です。
基本事項を確実に習得するために問題演習量を増やすともに、活用力をつけるための学習も多く取り入れていきます。

 

 

PLAN③英語力養成

英語検定4級、中学英語へ段階的に英語力養成
文部科学省「英語ノート」対応

エール学院様デザイン_小学部_20160129_r8_c3 2020年英語教育改革に向けた英語指導がスタートしています。
従来の「読む」「書く」に「話す」「聞く」を加えた4技能の習得が目標です。

マンツーマン指導では「単語」「文法」「会話」を組み合わせた指導を行うことで、小学校の「英語ノート」に対応しつつ、中学英語の基礎力を身につける事を目的にしています。
マンツーマン指導だから対話式で「話す」「聞く」を学ぶことができます。

 


このページの先頭へ