エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

個別専門塾エール 籠原北校にようこそ

  • マンツーマン
新校舎開校!

籠原北校 校舎責任者から

<人それぞれの目標を叶えよう>
皆さん、こんにちは。
エール学院の町田貴博(まちだたかひろ)と申します。
この度エール学院は、籠原駅北口に「籠原北校」を開校することになりました。

私は今まで多くの生徒と苦楽をともにし、
その経験の中で、生徒一人ひとりの「個性」が
学習に大きく影響していることを知りました。
一人ひとりの「個性」に合わせた勉強ができる環境を
地域の皆さんに提供することが私の使命と考え、
新しい籠原北校で指導に邁進いたします。
皆さんのご来塾を心よりお待ちしています。

エール学院 籠原北校
町田貴博

籠原北校 NEWS一覧はこちら

校舎情報

対象学年
小学生/中学生/高校生/既卒
教科
英語/数学(算数)/国語/理科/社会
住所 〒360-0841 埼玉県熊谷市新堀1041-2
アクセス 自衛隊入り口交差点角
マクドナルド17号籠原新堀店斜め向かい
駐車場は(B)のマークにお停めください
電話番号 048-531-2300
まずは話を聞いてみたい
体験授業を受けたい

近隣の小・中学校

籠原北校 近隣の小学校
  • 玉井小学校
  • 新堀小学校
  • 別府小学校
  • 幡羅小学校
  • 常磐小学校
  • 籠原小学校
籠原北校 近隣の中学校
  • 川本中学校
  • 幡羅中学校
  • 別府中学校
  • 玉井中学校

各中学校の定期テスト分析

エール学院スタッフによる周辺中学校の定期テスト分析です

深谷市立 川本中学校

~授業への熱い思いが感じられる、丁寧に練られた問題群~

傾向と分析

「絶対、みんな、解けるはずだから!」。そんな先生方の授業への熱気、生徒の皆さんへの思いが紙面からにじみ出てくるような試験です。
難問や奇問はありません。
基礎中の基礎から応用問題までバランス良く、授業と同じような流れで、問題が設定されています。
1分1分を大事にし、生徒の皆さんの理解度を頻繁に確認しながら進められていく授業をベースに、丁寧に作られた問題群です。

対策

しっかりと考えれば、必ず解ける問題が大半を占めています。
それだけに、普段の授業をしっかりと受けること、宿題に真面目に取り組むこと、といった、毎日の勉強の積み重ねがとても重要です。
そして、少しでも難しいなと感じたことがあれば、できる限り早く、不明点の解消に努めましょう。
こういった継続的な、真面目な学習が得点につながります。

深谷市立 幡羅中学校

~作問者の研究熱心さがうかがえる、良問ぞろい~

傾向と分析

「中3になるとほとんど授業では扱わないものの、高校入試ではしっかりと出題される単元」というものがあります。
多くが、小学校単元~中1、中2単元です。
ところが、幡羅中の定期試験問題は、そういった単元もしっかりとおさえられており、高校入試問題を非常に良く研究された上での出題であろうと思われる問題が多く、先生方の研究熱心さがよく感じられるつくりとなっています。
幡羅中の定期テストは、仮に当日の得点が振るわなくても、間違い直しや復習をしっかりすることで、高校入試対策にもなる優れた問題群で構成されています。

対策

基本的な事柄から、応用レベルの問題練習まで、授業の後、一通りは必ず復習すると良いでしょう。
そして、少しでもひっかかる(ささっと飲み込めない)箇所があれば、すぐに先生に質問してみましょう。
テストの得点を上げることが一番の目標にはなりますが、「自分で勉強してみる→先生に質問してみる」という行動そのものが、学力を上げることにつながるでしょう。

熊谷市立 別府中学校

~易しい問題ではないが、優しい問題~

傾向と分析

難易度も出題内容も非常にバランスが良く、生徒の学習度合いがそのまま、しっかりと把握できる試験となっています。
決して簡単な問題ばかりではありませんが、難解すぎる問題も無く、真面目にしっかりと勉強をした生徒にはそれなりの得点ができるように配慮された良問が並んでいます。
「知・徳・体」の充実を目指す学校方針が感じ取れる「優しい試験」です。

対策

授業中に先生がおっしゃられたことはできる限りしっかりとノートに写し、先生のお話自体もしっかりと聞くように心がけることと、指示をいただいた家庭学習は、できる限り早く終わらせておくといった、基本的学習姿勢を続けることが大事です。
真面目に勉強に取り組めば、きちんと得点できるようになります。そして、その様子は、先生がしっかりと見ていてくれています。

熊谷市立 玉井中学校

~随所に生徒の理解度を高める為の授業が展開されていることがよくわかる試験~

傾向と分析

比較的易しい問題も、難度の高めの問題もバランスよく出題されています。
その出題からは、授業中の「生徒に理解してもらうための工夫」が随所に見受けられ、先生方の授業熱心さが想像できます。
その授業は、単なる省略や(理解できていなくても)丸暗記指示、あるいはその逆の過保護すぎる解説などとは一線を画す、「理解」→「演習」→「自分のものにする」という授業の王道ともいえる指導だと想像できます。

対策

授業中のノートをしっかりと取ることがまず第一に重要なことです。教科書に解法が載っていても、それを「ウンウン」と分かった気になるだけでは得点力は身につきません。
自分で何とか道筋を見つけて解くことが得点力につながります。
試験が返却されたら、すぐに間違いなおしをしましょう。そこで考えることこそが「本当の意味での努力」です。

受講内容

時間割

jikanwari_new

まずは話を聞いてみたい
体験授業を受けたい

このページの先頭へ