エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

個別専門塾エール 熊谷箱田校にようこそ

  • マンツーマン

熊谷箱田校 校舎責任者から

学習の悩みや進路の悩みはお子様の悩みであると同時に
保護者様のお悩みでもあると思います。
実際お話しを伺うと、一人ひとり全く違う悩みがあることに改めて気付きました。
私たちは様々なお困りを解決するため「マンツーマン指導」にこだわり、
埼玉県で23年皆さんのお役に立てるように努力してきました。
この機会に是非、エール学院熊谷箱田校にご相談にお越しください。
解決に向けて精一杯、お話を伺わせていただきます。
皆さんのご来塾を心よりお待ちしております。

エール学院 熊谷箱田校
埼玉優仁・町田美仁

熊谷箱田校 NEWS一覧はこちら

校舎情報

対象学年
小学生/中学生/高校生/既卒
教科
英語/数学(算数)/国語/理科/社会
住所 〒360-0014 埼玉県熊谷市箱田6-15-18
アクセス 熊谷市箱田 十万石様向かいにございます
電話番号 048-598-6640
まずは話を聞いてみたい
体験授業を受けたい

近隣の小・中学校

熊谷箱田校 近隣の小学校
  • 熊谷西小学校
  • 中条小学校
  • 奈良小学校
  • 石原小学校
  • 大幡小学校
  • 妻沼小学校
  • 妻沼南小学校
  • 長井小学校
熊谷箱田校 近隣の中学校
  • 大原中学校
  • 大幡中学校
  • 奈良中学校
  • 富士見中学校
  • 妻沼西中学校
  • 中条中学校

各中学校の定期テスト分析

エール学院スタッフによる周辺中学校の定期テスト分析です

熊谷市立 大幡中学校

~高校入試問題に対する深い研究と分析が、見事に生かされている問題群~

傾向と分析

定期試験としては、比較的ハイレベルな出題が多く、生徒にとってはとても手応えのある問題群です。
しかしそれは全て、出題傾向や難易度レベルなど、高校入試問題の深い分析から生まれたものと思われます。

したがって、生徒の皆さんは、定期試験の勉強をするだけで、高校入試のための学習をしていることになります。

対策

出題レベルからの推測ですが、普段の授業のレベルもまた高度なものなのでしょう。
ですから、授業中に分かりにくかったことは、できるだけ早くクリアにしてしまいましょう。
また、宿題や復習はできるだけ授業からの時間を空けずに取り掛かるようにしましょう。
理想的なのは、「その日のうちに」です。大変かもしれません。
しかし、「~ができない/できなかった」という理由なんていくらでもあります。
そんな中で敢えて挑戦してみること。

学校の先生方は、そんな生徒の皆さんの「自分にチャレンジする精神」を見守ってくれているはずです。

熊谷市立 大原中学校

~絶妙な難易度バランス。試験勉強をすればするほど、得点できるはず!~

傾向と分析

決して難しすぎる、あるいは、意地悪な問題は一つもありません。
そして同時に、誰でも得点できるような簡単な問題もありません。「ヤマカン」で正解できる問題もありません。
絶妙な難易度バランスになっています。
また、出題単元も比較的広い範囲にまたがっています。テストの前日、急いで勉強した程度では得点できないでしょう。
試験勉強をどれくらい頑張ったのかが、そのまま得点に反映される、素直な問題群といえます。

対策

お勧めの学習方法は、教科書ワークの活用です。授業があった日に、その単元のワークを解いてみる。
試験範囲が発表されたら、該当範囲の教科書ワークを2回は解いておく。
試験前日には、間違えてしまった問題を解きなおしてみる。
真面目に勉強すれば、そのまま得点になるでしょう。
あとひとつ。分かりにくいところがあったら、早めに先生に質問しましょう。

熊谷市立 奈良中学校

~普段の、丁寧できめの細かい授業展開がうかがえる試験問題~

傾向と分析

「問題文をよく読む」、「問題にある絵や図をよく確認する」、「問題文中のキーワードを抜き出す」といった基本的な解法手順や、
「ここはこう考える」といった基本的な考え方の定着がどこまでできているかということが、得点力のポイントになっています。
また、入試問題を意識したスタイルが随所に見られます。
「答えははっきりと書く」などの「答案用紙の作り方」にいたるまで指導されていることがわかります。

対策

普段から、一つ一つの問題を丁寧に解いていくように心がけましょう。
「美しい字を書く」のではなく「丁寧な字を書く」といったところから、注意していきましょう。
「わかったつもりになる」ということが一番の問題点ですから、普段の授業中で正解を出せたときでも、
「ちゃんと、解けたよね?」と自問自答しながら進めてみましょう。
なお、留意点の一つとして、該当学年対象単元だけではなく、前学年の履修内容も試験として出題される場合があるようです。

熊谷市立 富士見中学校

~近日公開予定~

熊谷市立 妻沼西中学校

~近日公開予定~

熊谷市立 中条中学校

~作問のプロが作った、誤答を分析しつくした出題~

傾向と分析

「君が間違えるとしたら、たぶん、ここですね。ここをクリアできれば正解にたどり着けるでしょう」。
誤答を知り尽くした作問になっています。上辺だけの理解や暗記では、つい勘違いしてしまいそうな、
「重要な基礎」や「根本的事項」が、しっかりとおさえられている試験問題です。
長いご経験の中で、「なぜ、生徒は間違えてしまうのか」、「どこで、生徒はつまづいてしまうのか」を
とことん研究された成果ともいえる、見事な構成になっています。
設問表現にところどころ厳しいスタイルがありますが、「よ~く、問題を読むんだよ!」という、
先生方の愛情あふれる声が聞こえそうな気さえします。

対策

難問や奇問はほとんど出題されず、基本重視のスタイルが見受けられます。
ですから、授業中の先生のお話は、しっかりと把握する、理解することが必要です。
そして、細かい部分に十分に注意しましょう。
例えば、数学だと、「錯角は等しい」と覚えてしまっては良くありません。
「平行線の錯角は等しい」と覚えるようにしましょう。
こういったちょっとしたこだわりが、テストの失点を防ぐことになるのです。

受講内容

まずは話を聞いてみたい
体験授業を受けたい

このページの先頭へ