エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

生徒の声・体験談

生徒の声・体験談

夏休み後から一気に志望校合格まで到達!念願の北海道の大学で動物について学びます

帯広畜産大学へ進学が決まった大島さん

Q.エール学院に入塾したきっかけを教えてください。

高校3年の夏休み後、9月くらいに入塾しました。
部活引退後の6月から予備校にも通ったのですが、夏休みに成績があがらず、個別でもみてもらいたいと考え塾を探しました。

Q.最初の印象はどうでした?

こじんまりした塾だなと思いました(笑)
面談してくれた社員のかたがすごく親身になってくれそうだったので母とも話して入塾を決めました

Q.実際個別塾に入ってみてどうでした?

集団授業では質問しづらいな と感じていました。
質問の時間は作ってくれているのですがいっぱい人がいてなかなか質問には行きませんでした。

Q.入ってからはどのように勉強しましたか?

マンツーマンでだいたい週2回、英語と数学をみていただきました。
それまでは「自分がどこがわからなかったのかがわからない」状態でしたが、
わからないところを細かく先生が教えてくださったので、「なんでわからなかったのか」がわかるようになりました。

Q.夏のあとに入塾だったのでけっこう追い上げるのは大変だったのでは?

はいってすぐ先生に、高校1年生のワークを1から全部終わらせる計画を立てていただきました。
そこでわからないところを洗い出して、授業で先生に質問する ということを繰り返しました。

Q.先生としてはどういう意図があったのですか?

時間がないということもあったけど、「計画性を身につける」という意図もありましたね。
「むやみやたらに手を出す」のではなく、「いつまでにこれをやる」ということを明確にして狙いでした

すごく大変でした(笑)「一ヶ月でこれをやるのか」っていう量でしたので。

Q.ワークはどこでやってたのですか?

家でやったり、エールに来てやったり。
ひとつの場所だと集中力が切れてしまうので、いろいろなところを転々としていました。

Q.手応えが出てきたのはいつくらいでしたか?

12月の模試の段階では成績があがってきました

Q.エールが役に立ったことはなんですか?

個別指導がすごくやりやすかったです。
あと、講師の先生が大学生だったことも大きかったですね。
休み時間に大学の話を聞かせていただいて、大学生になるモチベーションをあげることができました。
「いまこういうことをやっているんだよ」と研究内容を見せてもらったりしていました。

Q.進路を決めたのはいつくらいでしたか?

中学生のときの理科の先生がすごい好きで、理科の教科がずっと好きでした。
その先生に相談したところ、獣医や畜産などの動物系の学部を勧められたことがきっかけです。
その後、高校に入ってから行った北海道旅行で、帯広畜産大学の見学をして進学先として考えるようになりました。

先生から見てもそうとうの量の課題をこなしていた大島さん。大学生の先生の話がモチベーションになっていたとのこと。

Q.後輩にアドバイスをいただけますか?

自分の学校の先輩にいろいろ話を聞いたり、つながりを強くしていたほうがいいと思います。
わたしも北海道に行くので不安だったのですが、同じ高校の先輩で同じ大学に行った先輩を紹介してもらって話をすることができました。
また、文系の先輩から理系の先輩を紹介してもらって、センターのコツとか参考書のこととかいろいろ教えてもらえました。
先輩はすごくありがたかったです。

Q.先生からみて大島さんはどうでした?

よくがんばりました の一言です。
最初に全教科の課題を洗い出して一週間ごとのやることを整理していきました。
甘えは一切加えずに計画を立てたのですが、ほとんど終わらせてくれたので「やりきる力」はほんとに強かったと思います。
目標が明確だったので、「この大学にいくにはこのくらいやらないとダメだ」という話をしていました。

先生との信頼関係があったからこそやりきれたと思います。大学に行ってもがんばってください!

Q.大学に入ってやりたいことは?

ひとり暮らしになるのでまずは友達を作りたいですね。
慣れてきたらサークルにも入りたいです。動物の骨を研究するサークルがあるそうなのでぜひ入ってみたいと思っています
ゆくゆくは大学院にも行ってそういった研究もしていきたいと考えています。

北海道楽しみですね!素敵な大学生活を送ってください。ありがとうございました

 

このページの先頭へ