エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

生徒の声・体験談

生徒の声・体験談

立正大学法学部合格おめでとう!桶川校山下巧さん

立正大学法学部合格おめでとう!桶川校山下巧さん

--合格おめでとうございます。
エールに入塾したきっかけを教えてください。

最初の入塾は中1の2学期だったと思います。

1学期やってみて、やはりどこか塾に行った方が良いかな、と探して決めました。

塾に入るのは初めてだったのですが、塾というとクラス授業のイメージがあったんです。

それでは集中して勉強できないのでは、と親が考慮してくれ、

マンツーマンのエールを勧めてくれました。

--それで高校受験を向えたのですね。

その当時は行きたい高校もあったのですが、友人面や指定校推薦で大学決まったり、

今となってはこの高校で良かったんだと思います。

--高校入学時にエールは卒塾されたんですね。

はい、私立高校なので学校で勉強できると考えました。

ところが、高2になったら中だるみしてしまって。

教科でいうと、英語がだいぶピンチでした。

そんな時、エールの大学進学ガイダンスの知らせを受けたんです。

エールに復活

--大学進学ガイダンスに出席されて、エールに戻ることにしたんですね。

それまで、勉強するのはテスト前だけだったんですが、

エールに戻った後はエールに自習に来るようにしていました。

勉強する環境が整っているというか、家だと集中して勉強できなくても、

塾に来たらやらなければならない空気があります。

テスト勉強も早くから対策するようになりました。

--入塾後は変わりましたか。

英語のテストの点数が良くなりました。

英語はさかのぼって復習したので。

それまではテストの問題の内容があやしいこともあったのですが、

ほぼ理解できるようになりました。

理解できているのと、理解していなくてテスト受けているのでは、全く変わってきます。

進路を決めるまで

--指定校推薦で進学しようと考えたのはいつ頃ですか。

高校入学時から考えてはいました。

でも勉強が続かなくて。

--立正大学を志望したのは。

高2の終わりから高3の初めころ、なんとなくイメージしていました。

はっきりと決めたのは、高3夏休みのオープンキャンパスです。

在学生・大学の雰囲気や、通学のアクセス、都心に近いことなどを考慮して決めました。

エールが役立ったこと

--エールが役立ったことはありますか。

高校で低迷している時期を脱して、大学に進学できることになったのは

エールのおかげだと思っています。

困ったときに帰ってくる場所があって、良かったです。

桶川校の青木先生にはよく勉強のことも、進路のことでも相談しました。

--アドバイスをいただけますか。

高校受験と大学受験を比べたら、大学受験の方がよほど大変だと、

中学生に伝えたいです。

指定校を狙うにせよ、一般で受験するにせよ、日頃の勉強が本当に大事だと。

まあそれも今だから気付くのですが。

--ありがとうございました。充実した大学生活を過してくださいね。

このページの先頭へ